低予算で学習塾を開業するために|事前に決めるべきことを解説!

女の人

気軽にチャレンジできる

お店

心斎橋で今注目されているのが貸店舗です。貸店舗には様々なメリットがあります。外観がオシャレという事はもちろん、耐震性等しっかりしているので安心して働く事ができます。また、他店舗と一緒に力を合わせて発展させる事ができるのもメリットです。

計画を立てることが大切

先生と生徒

工夫を凝らして

塾を開業するメリットとはなんでしょうか。まず挙げられるのは、開業資金が自身の工夫次第によって、比較的安く済むことです。塾はパソコンなどの電子機器を導入することにより人件費が削減できます。さらに、塾を開くための土地も資金が必要になりますが、それもアイデア次第によって費用削減ができます。たとえば、塾を開業するといっても、その場所を自宅にしてしまえば大幅に資金を減らすことができます。そして、自分自身の知識を使いサービスを提供するので、飲食店などのように仕入れるものがあまりないこともメリットです。飲食店では生鮮食品を使用するので、毎日廃棄を行わないといけないですが、塾ではそういったものを一切扱うことが無いので、そうした面でも手間がかからないという点もあります。これらが開業の主なメリットです。塾を開くならば、どういった規模の塾にしたいのかを考えなければなりません。小規模にするのか、それともある程度の人数を入れたいのか。それによってかかる費用も変わってきます。小規模ならば一人で運営できるかもしれませんが、大人数になった場合は自分以外にも人手が必要になるかもしれません。そうした場合、人件費がプラスになったりと、塾の方向性によって様々な事が変わってくるので、最初のうちに考えておいた方がいいでしょう。塾の開業には特別な手続きはあまり必要なく、税務署に開業届を提出するだけで開くことができます。他のサービスに比べて考えなければならない事が少ないのです。

カード決済利用のすすめ

クレジットカード

ネットショッピングにおけるクレジットカード決済導入は、ショップの売り上げが上がるだけでなく、利用する消費者側にもメリットがあります。買い物に使えるポイントが貯まること、ショッピング保険の適用で、商品の破損や盗難の補償が下りること、決済時に手数料がかからないことなど多くのメリットがあるのです。

ポテンシャルと参入障壁

相談

インドネシアへの参入を目的としたコンサルティングサービスを利用する流れとしては、事前調査、会社設立時の手続き代行、設立後の税務や給与計算などの業務アウトソーシングとなります。インドネシアは外資の参入障壁が高いため、事前調査が重要になります。