HOME>Column>住宅診断は専門業者に依頼!診断結果で家の状態を確認

住宅診断は専門業者に依頼!診断結果で家の状態を確認

男女

住宅診断で年に一度は安全確認

住宅診断はその名の通り、住居の状態を診断することでありホームインスペクションとも呼ばれています。住宅診断士(ホームインスペクター)という人物が専門的な見地から住宅の劣化の状況や欠陥の有無などを見極めます。昨今では日本中で災害が起こっており、その災害にどの程度耐えうる家なのかも知ることができます。何らかの欠陥や改善すべき箇所などが見つかった場合は費用に関する相談ができます。修繕すべき箇所が見つかったとしても必ずしも直さなければならないというわけではなく、それは各自の判断に委ねられます。住んでいる住宅をチェックするだけでなく、住宅を購入する前に診断をしておくことで新しい家への引っ越しを円滑に行いやすくなります。

不動産

安価な料金で住宅の安全性がわかる

住宅診断を行うにはいくつかのタイミングがあります。具体的には住居の購入前や不具合の発生時などが挙げられます。そういったことが無くても定期的な診断を行うことには一定のメリットがあります。診断の仕方に関しても目視による簡単なチェックから、専門の機器を使用した検査に近いものまで様々です。まずは目視による診断を行ってから、何らかの問題が見つかった場合は詳細な診断を行うというケースも多いです。アメリカでは購入前や売却前に住宅診断を行うのが一般的なことになっています。カリフォルニア州では住宅診断が80%以上も普及しているともされています。日本でも住宅診断が普及しつつあり、これからさらに広まっていく可能性もあります。