低予算で学習塾を開業するために|事前に決めるべきことを解説!

男女

ポテンシャルと参入障壁

相談

参入段階に応じたサービス

インドネシアはASEAN1位となる2億4千万人の人口を有しています。また、近年では一人当たりのGPDが5倍となり、マーケットが急拡大しています。反面、現地の物価や人件費が安いため、日本企業にとっては投資対効果の高いポテンシャルを秘めた国となっています。多くの日本企業がインドネシア進出を検討する今、進出支援を行うコンサルティングサービスが注目を集めています。コンサルティングが注目を集める理由は、日本企業を始めとする外資系企業に対する参入障壁が挙げられます。一例を挙げると、小売業に置いて400平方メートル以下の店舗面積に外資の出資がされないなどです。これは、インドネシア国内の企業を保護することを目的に制定されています。これらを円滑に行ためにも、コンサルティングサービスを利用するのがよいでしょう。コンサルティングサービスを利用するときの流れとしては、まずは事前調査から始める必要があります。特に、参入予定の業種がネガティブリストに該当するのかを調べることが重要です。併せて、マーケットの情報やインドネシアの文化の違いを把握することが重要です。次に、現地での会社設立を検討する段階になると、諸手続きの代行依頼をすることができます。現地の会計士や弁護士を利用できるコンサルティングサービスを選ぶとスムーズに進みます。会社設立後は、税務や給与計算などの業務をコンサルティングサービスによりアウトソーシングすることが可能です。